生理時の症状

生理痛というのは月経が来るとき腰痛、下腹部痛、などの疼痛を訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になることであります。

生理痛が問題になるのは痛みがとっても強くなって、そして日常生活に支障が出てきた。月経が来るときに寝込んで仕事を休むような人は「単純な生理痛」と放置していてはいけません。特に、以前は効いていた痛み止めが効かなくなってきたり、痛み止めが効いている時間が短くなってきていたりしたら要注意ですよ。この場合、生理痛の原因となる病気が進んできている可能性もあります。

生理時の症状
生理中に腹痛を感じる人が約7割。次いで、腰痛、全身倦怠感。イライラ・憂鬱といったメンタル面の症状を感じる人も。

おなかの痛み以外にも、腰や頭が痛くなる人も多くいます。厚生労働省の調査によれば、生理の時に腹痛を感じる人は67.3%、腰痛が46.3%で、全身の倦怠感は36.3%の人が感じています。そのほか下痢などの症状や、イライラ、憂鬱感、怒りっぽくなるといったメンタル面の症状が現れる人もいます。このような症状は生理の初日から2日目にピークが来ることが多いようです。
生理の1週間ほど前から、いろいろな症状が出てくる人も多くいます。体がむくむ、乳房が張る、吹き出物が出やすくなる、便秘がちになる、イライラするといった症状です。体のむくみは水分が体内にたまりやすくなるために起きるもので、一時的に2、3キロ体重が増える人もいます。 こうした生理前の症状は「PMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)」と呼び、生理が始まれば軽くなっていきます。ハーブティーを飲んだり軽い運動をしたりして、ココロとカラダをリラックスさせて過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です