ヤーズはどんな薬でしょうか?

ヤーズとは
ヤーズとは、超低用量ピルとして新しい第4世代のピルとされています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンを含んでいます。普通の低用量ピルと同じくらいの避妊効果があります。他には、超低用量ピルとして生理痛の緩和や月経困難症(PMS)の改善に優れた効果があります。それ以外、肌が綺麗になってむくみがとれるなど、女性に嬉しい効果が期待できます。

ヤーズの効果
日本では、ヤーズは避妊を目的とした低用量ピルではなく、「月経困難症治療薬」として認可されています。ヤーズには、黄体ホルモンの「ドロスピレノン」と、卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」という2つの女性ホルモンが配合されています。排卵を抑えるとともに、子宮内膜が厚くならないようにして痛みの原因をなる物質(プロスタグランジン)の産生を抑えることで、生理痛のほか、腰痛、頭痛などを改善します。

ヤーズは「超低用量ピル」と呼ばれる、含有女性ホルモン量をごく少量に抑えた薬ですが、他の低用量ピル同様に排卵を抑制する効果があるため、正しい服用方法であれば結果的には避妊効果も得られることができます。また黄体ホルモンの抗アンドロゲン作用により、むくみ改善効果のほかにニキビや吹き出物を抑える効果もあります。

ヤーズの服用方法
ヤーズは低用量ピルとして、毎日の服用が必要です。具体的に言えば、成分の含まれている錠剤を21日間連続で飲み、7日間休薬で合計28日間が1サイクルが基本です。しかし、ヤーズは成分の入っている錠剤を24日間連続で飲み、4日間は休薬として成分の含まれていない錠剤=偽薬を飲んで、合計28日間が1サイクルとなります。1錠飲み忘れの場合、気づいた時点でまず1錠を服用し、またいつもの時間にもう1錠服用、翌日からは通常通りに続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です