ヤーズの服用方法

ピルは卵胞ホルモンの量によって高用量、中用量、低用量と分別されますが、ヤーズは卵胞ホルモンの量が低用量の3分の2となっていて”超低用量ピル”と呼ばれています。
超低用量ピル「ヤーズ」は1シート28錠がセットされています。低用量ピルを実際に服用した経験のある方はご存知かもしれませんが、アンジュをはじめとした低用量ピルは実薬(効果がある薬)21錠と偽薬(ダミーの薬)7錠で構成されています。

ヤーズの服用方法ですが、ほかの低用量ピルと同様、生理が始まった初日から飲み始めます。この服用タイミングですが、28日間毎日続けて同じ時間に飲むことが大切です。

消退出血(生理のような出血)超低用量ピル「ヤーズ」の偽薬を飲んだ2日目ぐらいに始まります。生理がまだ続いていても気にせず1シート28日分を飲み終わった後は、次のシートを飲み始めても構いません。また偽薬は飲み忘れたとしても心配はいりません。

従来の低用量ピルでは、頭痛や乳房の痛みといったホルモン変化による症状が起こりがちでした。しかしこのヤーズでは、こうした症状が少ないため多くの方がその恩恵を受けることできるとされています。

ただし避妊という視点で考えると、ヤーズはエストロゲンの含有量が非常に少ないので、1日でも飲み忘れると避妊の効果がありません。また避妊の持続時間も短めとなるのも、特徴と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です