ヤーズの成分

生理が起こるとき、激しい痛みを伴うことがあります。これを、生理痛といいます。生理と同じ意味で使われている言葉に「月経」があり、生理痛は専門用語で月経困難症ともいわれます。

そこで、生理痛(月経困難症)を軽減するために投与される薬としてエチニルエストラジオール、ドロスピレノン(商品名:ヤーズ)があります。2つの有効成分を配合させた薬であり、エチニルエストラジオールはエストロゲン薬、ドロスピレノンはプロゲステロン薬と呼ばれる種類の薬になります。

ヤーズは少量の女性ホルモン配合薬です。卵胞の発育を抑え排卵を抑える 作用により月経時の疼痛を軽減します。 生理が軽くなり、月経困難症の痛みが緩和されるのです。子宮内膜症においては病巣の活動が低下し、病巣の拡大・悪化を防ぐ効果も期待できます。このような 作用から、器質性・機能性を問わず月経困難症の治療に広く適用可能です。ただし、対症療法になりますので器質的疾患そのものを治すことはできません。
yaz は含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の量が、現在発売されている低用量ピルよりもさらに少ない「超低用量ピル」です。現在発売されている低用量ピ ルのエストロゲン量が0.03~0.04mgなのに対して、yazのエストロゲン量は0.02mgと非常に少なくなっています。また、含まれている黄体ホ ルモンの種類もこれまで発売されている低用量ピルでは採用されていない「ドロスピレノン(DRSP) 」という種類です。DRSPはこれまでの黄体ホルモンに比べて、体の中にある自然な黄体ホルモンにとても近い働きを持っているため、むくみなどの副作用が 出にくいという特徴があります。DRSPという黄体ホルモン剤を使用したものになり、yazは第4世代ピルに位置付けられています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です