ヤーズの基礎知識

・ヤーズとは・
低用量ピルであるヤーズは、黄体ホルモンの成分にドロスピレノンと呼ばれる新しいホルモンを使用しています。第4世代と呼ばれる種類の低用量ピルになります。このヤーズは、月経困難症の治療薬として使用しても大変有効な医薬品です。第1世代~第3世代の低用量ピルに含まれる黄体ホルモンは、男性ホルモンを元に合成されていました。それに対して第4世代の黄体ホルモンであるドロスピレノンは、利尿ホルモンを元に合成されている低用量ピルになります。そのために、従来の低用量ピルで現れていた副作用が出にくく、ニキビの改善に至っては最高の効果が現れてくれます。また、ヤーズには浮腫を取り除いてくれる効果があり、服用当初は体重が少し減るのが特徴です。

ヤーズの効果と特徴・
女性ホルモンが主成分の「ピル」は、避妊のためや規則正しい月経のリズムを作るため、さらには生理痛を和らげる目的で日本だけでなく海外でも多くの女性が使用している薬です。婦人科やクリニックでこれまで処方されていたのは低用量ピルというものでしたが、2010年から、超低用量ピルと呼ばれる「ヤーズ」も新たに採用されました。このヤーズという超低用量ピルは、含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の量が従来の低用量ピルと比較して非常に少なくなっているというのが大きな特徴で、そのため吐き気や頭痛、むくみなど、従来のピルの副作用が少ないといわれています。ヤーズは、生理痛や月経前症候群(PMS)の軽減のためにも処方されており、ヤーズの特徴は月経量が少なくなった、生理痛が軽くなったなどの効果を実感している女性がたくさんいます。

ヤーズの副作用「血栓症」について・
ヤーズ配合錠による死亡例の報道を受けて、「このまま服用し続けていいのか不安」というお問い合わせが相次いでいます。昨日の診療でも、いったん服用を中止なさりたいという方が何人かいらっしゃいました。いずれも、ヤーズ以外の治療法に変更することが可能な状態だったので、ヤーズを中止して他のお薬を処方させていただきましたが、血栓症のリスクが高い方でなければ必ずしもヤーズをやめる必要はありません。ヤーズは「超低用量」なので、含まれているエストロゲンの量はとても少なく、低用量ピルよりも動脈血栓のリスクは低いと言えます。ただ、ヤーズの特性として利尿効果があるため、血液が濃縮しやすくなるせいで静脈血栓のリスクは他のピルより若干高いということが言われています。なので、ヤーズによる血栓症リスクをできるだけ下げるためには、水分摂取をこまめに行って血液がドロドロにならないようにすることが大切です。1日2リットルを目安に、こまめに水分摂取をして、長時間座りっぱなしになるなどの血液の流れが悪くなる状態を作らないようにしましょう。また、万が一血栓症が起きても必ずしも重篤な状態になったり命に係わるというわけではありません。早期に発見して適切な処置を行えば、健康に大きな害を及ぼさなくてすみます。ヤーズも含めてピルを服用中に次のような症状が出たら、処方医又は循環器内科にただちに受診しましょう。

・ヤーズの副作用「出血症」について・
ピルを服用するとさまざまなメリットがあります。避妊効果がゴムをつけての性交渉より高い、生理痛を緩和できる、生理前に起こるニキビや頭痛などの諸症状を緩和できる、ホルモンバランスを一定に保つことができる、5年以上服用すると卵巣がんのリスクが軽減するなどが主なものです。一方デメリットといわれているのは、太る、乳がんのリスクが若干上昇するというものです。しかし最近の研究で乳がんのリスクは気にするほどのものではないということがわかってきました。むしろピルを服用していると乳がんを気にしてしっかりと癌検診を受ける人が多いので、万が一乳がんが見つかっても命に別状がないケースが多いです。ピルには低用量と中用量があります。低用量は避妊や生理痛の緩和を目的に服用するもので、中用量は女性特有の病気の治療のために服用します。低用量ピルには何種類かあり、ヤーズなどが一般的に広く処方されています。はじめに処方されるのは違うものでも、体に合わなくてヤーズに切り替える人もたくさんいます。ヤーズなど、どの種類が良いというわけではなく、体との愛称で選択するのが良いでしょう。ピルは服用初期に、吐き気、胸の張り、不正出血などの副作用が起こることがあります。

from:http://obamaurbanpolicy.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です